介護ヘルパー 仕事内容 食事介助

介護ヘルパーの仕事内容【食事介助】

食事介助とはどんな仕事内容?

人間にとって食事は、健康を維持するための大切なことです。高齢者ではその理由に加え、QOLを高めるためにも欠かせない事柄で大きな楽しみの一つでもあります。それは私たちも一緒でご飯を美味しく食べられることは楽しく、うれしいものですよね!

 

食生活は、その人の生い立ちによってつくられるもので、高齢者の好みを大切にした食事は、自己欲求をみたすことにつながります。しかし、食事に関する機能は、年齢を重ねるに従って衰えていくもので「かめない」、「のみこみにくい」、「むせやすい」といった症状が現れてきます。出来るだけ自分で食べられるようにすることが何よりも大切なのです。

 

 

といったものの、麻痺や筋力の衰え等で自分では食べれない人もいます。その場合介護ヘルパーが食事のお手伝いをするのも食事介助の一つなんです。

 

 

 

食事介助と言っても、できれば本人の力で自力摂取してもらうのが理想。
テーブルの設定からベッドから起き上がれない(端座位が取れない)方はベッドをギャッジアップさせたり、義歯装着、エプロンをつけさせてもらうのも食事前の準備。

 

食事がはじまったら、飲み込みは大丈夫かなども観察しておかないと、嚥下能力(モノを飲み込む力)が落ちているので、誤飲や詰まらせてしまう恐れもあります。食事介助は食べさせるだけではないんですね!しっかり利用者の様子を見ながら食事介助することが重要なんです。

 

 

 

食介は食事準備から配膳・下膳、口腔ケアまでします。
口の中に食べかすが残っていると、これまた誤飲や虫歯などの二次被害も起こりかねませんから、結構大変だっりします。

 

 

利用者に気持ちよく食べてもらうことで、楽しいひと時を提供するのも、食事介助でもあるのです。

 

 

 

 

 

介護ヘルパーの仕事内容【食事介助】関連ページ

介護ヘルパーの仕事内容【入浴介助】

ホーム RSS購読 サイトマップ